« エアメモ鹿屋 体験搭乗受付開始 | トップページ | 日本航空、松本―札幌線を存続 »

2007.02.20

天草エアに6300万円補助 赤字拡大で県など

 累積赤字が拡大している第三セクターの航空会社「天草エアライン」(天草市五和町、東坂力社長)に対し、出資者の県と地元二市一町が、二〇〇七年度に整備費の一部として計六千三百万円を補助することが十九日分かった。同社への補助は開業前に県が機体購入費など二十六億円を出しているが、二〇〇〇年の営業開始以降は初めてとなる。
天草エアに6300万円補助 赤字拡大で県など(会員登録)
 結構好調かと思っていたらやっぱり赤字になってしまってたんですね。航空機が一機しかないので、整備が絡むと必ず運休してしまいますし。オリエンタルエアブリッジあたりと提携するとちょっとおもしろいかもしれませんけどねぇ。そういえば、天草空港にオリエンタルブリッジが乗り入れる話があったとか、なかったとか。
天草エアライン


|

« エアメモ鹿屋 体験搭乗受付開始 | トップページ | 日本航空、松本―札幌線を存続 »

AMX/天草エアライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天草エアに6300万円補助 赤字拡大で県など:

» 天草エアライン [アキバマニアへの道。]
なにかと話題のDHC8ですが、前回高知空港で胴体着陸をしたのは、 DHC8-400(74人乗り)でございまして、もっとも全長が長いタイプ。 昨日3月20日12時ごろ、天草空港から熊本空港に着陸を試みた DHC8-100(39人乗り)がすべての車輪が通常の操作で降りない トラブルが発生し... [続きを読む]

受信: 2007.03.21 17:06

« エアメモ鹿屋 体験搭乗受付開始 | トップページ | 日本航空、松本―札幌線を存続 »