« B737-800 | トップページ | 下地島にチャーター便 那覇空港間 »

2007.03.21

熊本空港 ボンバル機全車輪出ず 油圧作動せず手動で着陸

 20日正午ごろ、天草発熊本行きの天草エアライン201便ボンバルディアDHC8‐103型(乗客15人、乗員3人)が着陸体勢に入った際、前・後輪の格納扉が開かなくなるトラブルが発生した。熊本空港(熊本県益城町)上空を1回旋回し、木内満雄機長(64)が数回、通常の油圧装置を操作したところ扉だけが開き、緊急の手動装置で車輪を出して同零時12分に無事着陸した。けが人はなかった。
熊本空港 ボンバル機全車輪出ず 油圧作動せず手動で着陸
 当日朝の福岡便では何事もないように離着陸していたのですが。原因は電気回路のねじがゆるんで接触不良を起こしていたためだったようです(電気回路に接触不良 車輪異常の天草エア機)。

 しかし、タイミングが悪いというか何というか。高知空港での胴体着陸事故があったばかりなので、今回の事故もかなり大きく報道されたようです。天草エアラインズはこの機体しか持っておらず、路線も限られています。もしかすると利用者が離れていってしまうかもしれません。ちょっと厳しいことになりそうです。

天草エアラインズ

|

« B737-800 | トップページ | 下地島にチャーター便 那覇空港間 »

RJFT/KMJ/熊本空港」カテゴリの記事

AMX/天草エアライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本空港 ボンバル機全車輪出ず 油圧作動せず手動で着陸:

» 天草エアライン [人気のコトバ]
天草エアライン プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007.03.23 21:16

« B737-800 | トップページ | 下地島にチャーター便 那覇空港間 »